外国為替市場について

外国為替市場は、英語で表記するとForeign Exchange Marketとなります。この言葉は外国為替の取引が行なわれるところをまとめて呼んだもので、外為市場と略すこともあります。市場という表現には、大きなところに集まって売買を交わす印象があるかと思います。外国為替の扱いを行なっている銀行で窓口取引をしたり、仲介をする業者と電話やインターネットなどの電子機器を通じて取引が行なわれています。為替の取引をつないでいるネットワーク全体を指して、外国為替市場と呼んでいます。

 

外国為替事情は世界の主要な都市、例えばロンドン、ニューヨーク、シンガポール、チューリッヒ、フランクフルト、香港、そして東京などにあります。このため、外国為替市場は世界中で24時間常に動いており、いつどこにあっても取引できます。外国為替市場においては、どのような取引をするのでしょうか。外国為替という名称を見ても分かりますが、外国為替市場では2つの国の通貨同士の交換をしています。

 

例えば、アメリカから日本に物品を輸入するような場合、その支払いに外国為替取引が関わってくるのです。円高になり、ドル円の相場が1円高くなると円の支払いが少なくて済みます。外国為替市場を構成する銀行間の取引によって決められる為替レートは常に変化しており、投資家はもちろんのこと、金融機関や貿易に関わる人たちは常に注目しています。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。